気持ちはいつもケセラセラ♪

5年に渡った姑の介護の記録とつれづれ日記

母のワクチン接種の予約が取れました。

こんばんは。

ご訪問ありがとうございます。

 

月曜日、病院の後、お昼寝をさせてから、娘は○良君を連れてこちらにやってきました。

掛かりつけの小児科医院ではなく、今回は喘息治療もしてもらっている総合病院に連れて行ったようです。

○良君の目やには結膜炎とまでは行かないようで、とりあえず安心しました。

次女と○良君はこちらにお泊り、翌火曜日の朝、娘は会社に出社したのですが、○良君は後追いして「ママ、ママ、ママがいい~。」と大泣きです。

○良君をなだめ、娘と引き離すのですが、なんだか、切なくて辛いですねぇ。

 

そうそう、ワクチン接種の予約ですが、17日(月)から始まった我が牛久市の予約はネットに繋がった途端「予約受け付けはすでに終了しています。」とのことで、未だに予約出来ずにいます。

そして、18日(火)から始まった母(小川町)の方は無事に予約を取ることが出来ました。

とりあえず、母のワクチン接種が出来ることになり、ホッとしています。

 

我が牛久市のワクチン接種の予約が取れないのは、今回予約することが出来るのが65歳以上の高齢者全員なので、とにかく対象者が多過ぎるのです。

母の住む小川町では、今回予約出来る対象者は90歳以上の超高齢者に限られていました。

予約可能対象者が65歳以上全員と90歳以上の限定では、対象者の人数が全く違いますよね。

今回のワクチン接種予約方法は、どう考えても牛久市より対象者の範囲を狭めた小川町のやり方の方が優れていると思います。

 

予約可能な対象者を細かく(年齢を限定とか、居住地域を限定)することで混乱も少なくて済むって、一般人でも考えられることなのに、役所の人が何故考えられない?と不思議です。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとお願い致します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村