気持ちはいつもケセラセラ♪

5年に渡った姑の介護の記録とつれづれ日記

ブログを休んでいる間に起きたこと

こんばんは。

ご訪問ありがとうございます。

 

長いことブログをお休みしている間に、色々なことがありました。

先ずは5月5日、体調を崩した母が、都内の持ち家で一人暮らししている長男のところに

移動しました。

 

いずれは私が引き取らなくちゃ、と思っていたのですが、間に合わなくてとりあえず弟のところにお願いしました。

 

そして、5月25日に受けた私の健康診断の結果が届き、結果はレントゲン検査で引っかかり、要精密検査となりました。

近くの医院でCT検査を受け、肺は大分弱っている状態ですが経過観察ということになりました。

CTの画像データをコピーしていただいたので、リウマチ診療を受けている病院にその画像データを持ち込みました。

 

そこで肩と脇の下にリンパ腫が確認され、直ちにリウマトレックスの服用を中止しました。

リンパ腫が悪性か良性かを調べるためにすぐに検査のための手術をすることになったのですが、その検査手術の予定日の2日前に夫が新型コロナに感染。

濃厚接触者である私は陰性だったのですが、検査の為の手術は延期になりました。

 

延期になった検査の為の手術は終わり、その結果が昨日出ました。

何らかの原因で炎症は起こしているのは確かですが、悪性ではないとの事でホッとしました。

実は、この半年で15kgほど体重が減少したので悪性かも・・・と半分は覚悟していたのです。

でも、だとしたら、この体重減少は何が原因なのでしょうねぇ。

 

それから、CTの画像データを持ち込む1か月くらい前から右足だけが思うように動かなくなりました。

調子がいい時には普通に動くのですが、突然、右足だけが前に出なくなったり、左足だけで体重を支えられなくて倒れこんでしまったり。

で、昨日の夜からは右足がほとんど動かなくなりました。

 

右足が時々動かなくなるけれど「もし脳梗塞ならば、動かなくなった足が動くようになることはない。」と先生に言われました。

突然脳梗塞で倒れるような事はなかったけれど、もしかして脳梗塞を知らないうちに起こしていて、その後遺症なの?と思うようになりました。

昨年8月頃から起きていた黒内障の症状、右足の異常、それに右手も全く動かないわけではありませんが動きが悪い、つい最近、言葉が出てこないという症状も起きている。

どう考えても、左脳の異常としか考えられない。

 

明日、総合内科の予約があるので、脳梗塞の可能性を徹底的に検査してもらえるようにお願いしてみようと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとお願い致します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村