気持ちはいつもケセラセラ♪

5年に渡った姑の介護の記録とつれづれ日記

姉妹だけど性格が全く違う、二者二様

ご訪問ありがとうございます。


昨夜、次女から電話が入りました。

「おばあちゃんのところでしょ?今、電話しても大丈夫?」と娘。

「大丈夫よ。」と言うと「じゃ、ライン電話で掛けなおすよ。」と言いました。

いつものように、○良君の姿をおばあちゃんに見せてあげよう、という娘の気遣い電話です。


一旦電話を切ると、すぐに娘からのライン電話が掛かってきました。

私はすぐに母と替わり、母はスマホに映る○良君に一生懸命話しかけていました。

○良君は返事くらいは出来ますが、まだちゃんとした会話はなかなか出来ません。

こちらの言う事は殆ど理解してはいるようなんですけどね。

5分ほど○良君と話して?母は満足したようなので、娘との電話を切りました。


次女は用事がなくても、こうやって電話をして来ますが、長女はこういうことは殆どありません。

長女が電話を掛けてくるのは、何か伝えたいことや訊きたい事がある、言わば必要時です。

(実は私も2、3年前まで、長女と同じで、用事や必要な時にしか母に電話をしませんでした。)


同じ親から生まれ、同じ親が育ててきても、姉妹だけど性格が全く違う、二者二様。

長女は冷静な「cool」で、次女は感情的な「warm」といった感じでしょうか。

血液型の違い(長女はAB型、次女はB型)も関係してるのかな?と思ってみたりします。

また、長子と末子の違いもあるのでしょうね。


手の掛からない優等生の長女に対し、いつまで経っても何となく危なっかしい次女。

まるで性格の違う二人の娘ですが、どちらも本当に愛しい娘たちだ、とつくづく思います。





ヤフーブログ終了までは、このブログはこのまま残して、簡単な更新を続けます。

が、メインブログは 義母の介護と私の本音 となりました。

引き続き、「義母の介護と私の本音」を読んでいただければ嬉しいです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!



よかったら、こちらのブログも覗いてみてね♪
    ↓
義母の介護と私の本音 新記事「やっぱり俺には無理。」と呟いた夫 



介護に関する専門サイト みんなの介護