気持ちはいつもケセラセラ♪

5年に渡った姑の介護の記録とつれづれ日記

ストーブは持ち帰ったらしい。

こんばんは。

ご訪問ありがとうございます。


午後0時07分、そろそろ到着した頃かな?と思い、夫に電話を入れました。

夫 :はい。

私 :もう、着いたの?

夫 :ああ、もう灯油置いて、帰ってるとこだよ。

私 :もう?お義母さんん、行くこと覚えてた?

夫 :覚えてなかったんじゃないか?

私 :ストーブ使ってたの?それともファンヒーター?

夫 :ストーブ使ってたよ。

私 :そうなんだぁ。

夫 :灯油運んでる時にAさんに会って、また言われたよ。

私 :ストーブは危ないからって?

夫 :そうだよ。だから、「ファンヒーター使わせてますから。」って言ったけど。

私 :そう。前にもストーブは危ないからって言われたもんね。

   で、ストーブはちゃんと持ってきたの?

夫 :ああ、持ってきたよ。

私 :そう。それならいいけど。

夫 :じゃあな。

私 :はい。じゃあね。


○ヨさんはやっぱり夫が行く事はすっかり忘れていたようですね。

わかっていれば、ファンヒーターに換えておいたでしょうから。

1軒おいてお隣のAさんは、去年も灯油を運んでいる夫に会って、

「ストーブは危ないからやめて下さいね。」と言っていたのです。

だから、我が家で使っていたファンヒーターを持って行ったのですが、

○ヨさんはボケてないと思っているので、なかなか言うことを聞かない。

ストーブの方が暖かいと思い込んでいるのかも知れませんね。

でも、今回は使っていたストーブを持ち帰ってきたので、

もう○ヨさんはファンヒーターを使うしかありませんね。

これで少しだけホッとしました。



最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!


よろしければ、こちらのブログも覗いてみてね♪
    ↓
本音で語るブログ