気持ちはいつもケセラセラ♪

5年に渡った姑の介護の記録とつれづれ日記

本当は出来ない事だらけ

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。


昨日の午前8時53分、また○ヨさんから電話が掛かって来ました。

「あ、○○子?おとうさんは?」

「今日は仕事で出かけてる。」

「そう。おとうさんか○○子、こっちに来た?」

「行かないよ。どうして?」

「いや、テーブルの上にリンゴが置いてあったから、来たのかな?と思って。」


前日の電話と全く同じ内容の電話ですね。

昨日、同じ電話をして来た事をすっかり忘れているのでしょう。

「物がなくなった訳じゃないんだから、気にしなくてもいいんじゃない?」

そう宥めて電話を切りました。

こうやって○ヨさんが同じ内容の電話をしてきても、何の不思議もないですよね。

だって、5分前、いえ、2、3分前の自分の言動を忘れてしまうのですから。

でも、忘れりゃいいのに、と思う事はいつまでも覚えているという不思議はありますが。


午前11時29分、今度は知らない携帯番号からの電話が掛かって来ました。

もしかしたら、訪問看護師さんから?

そんな予感がしたので、普段は出ない知らない番号からの電話に出ました。

予感は的中、それは訪問看護師さんからの電話でした。


「今、○ヨさんの所にお邪魔しているのですが・・・。」

「足の爪を切ろうと思ったんですが、やっぱり、『今日はいい。』と言われまして。」


○ヨさんの足の爪、大分伸びていて、前から看護師さんから言われていました。

「お風呂に行って、爪が柔らかくなったら自分で切るから。」と、○ヨさんはずっと拒否。

でも、○ヨさんが自分で銭湯に行く事はもうないでしょう。

日帰り温泉に連れて行った時、爪切りを持参したのに、その時も切る事を拒否をしました。

「足浴をした後に爪切りを促して下さい。拒否をしたら、その場で私に連絡をして下さい。」

私は看護師さんとの連絡ノートにそう記入しておいたのです。


看護師さんの電話を受け、○ヨさんと替わってもらいました。

そして、○ヨさんを説得しました。

○ヨさんは私にも「今日、お風呂に行く日だから、帰ってきたら切るから。」と言いました。

「銭湯に行っても、帰ってきたらもう爪は固くなっちゃってるでしょ?」

「だから、今、足浴して温めて貰って、看護師さんに切って貰って下さい。」

私のその言葉に「はい、わかりました。」と渋々受け入れた○ヨさん。

また、看護師さんに電話を替わってもらいました。

「もし、また拒否するようだったら、連絡して下さい。」と言って、一旦電話を切りました。

電話を切って何分も経たずに、看護師さんからの電話です。

「やはり、ダメみたいです。」

○ヨさんは、私には「はい、わかりました。」と言ったけど、やっぱり拒否したようです。

「本当にお世話をお掛けして申し訳ありません。今回は諦めます。」

看護師さんに電話で謝罪し、結局○ヨさんの足の爪切りは断念しました。


お湯で温めて足の爪が柔らかくなったら、と、尤もらしい言い訳をしていた○ヨさん。

「じゃ、足浴で温めて切りましょう。」と言えば、「今日銭湯に行く日だから足浴はいい。」と言う。

とにかく、○ヨさんとしては、看護師さんに爪切りして貰いたくないって事ですね。

なら、自分で家で足浴して切ればいいのに、と思いますが、そこまで頭の回らない○ヨさん。


自分はまだ何でも出来る、と思っているけど、本当は出来ない事だらけなんですけどねぇ。





最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!



よかったら、こちらのブログも覗いてみてね♪
    ↓
本音で語るブログ 



介護に関する専門サイト みんなの介護