気持ちはいつもケセラセラ♪

5年に渡った姑の介護の記録とつれづれ日記

「お金、何にもないじゃないの。」と電話。

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。


昨日は仕事から早く帰ってきた夫が○ヨさんに電話を入れました。


○ヨ:はい。

夫 :俺。

○ヨ:はい。

夫 :どうなの?ご飯、食べた?

○ヨ:うん。今、食べた。

夫 :ちゃんと弁当食べたんだね?

○ヨ:はい。

夫 :なら、いいけどさ。昨日病院行って来たって?そう言わなかった?

○ヨ:病院?行かないよ。だって、6月だもん、行くのはね。

夫 :ならいいけどさ。

○ヨ:なるべく自分の身体は気を付けるようにしてます。

夫 :そう。今日は何ともないの?

○ヨ:何ともないです。

   足もね、パテックスみたいの買って来て、貼ってるから大丈夫です。

夫 :そう。黒板は消してない?

○ヨ:うん。

夫 :消しちゃダメだよ、おかあちゃん

○ヨ:はい。ちゃんとね、書いてくれたその通りにやってますから。

夫 :ホントだよ。ちゃんとやってくれないと。

○ヨ:はい。人に迷惑掛けないようにして頑張ってます。

夫 :頑張ってね。じゃ、ご飯食べたんならゆっくり寝なよ。

○ヨ:はい。○○子によろしく。あまり心配掛けるような事はしません。

夫 :わかったよ。じゃあ、おやすみ。

○ヨ:ありがとね。


一昨日の夫との電話では、「病院に行って、頭がしっかりしてますねって言われた。」と

そう言っていた○ヨさんですが、昨日の電話では病院には行ってないと言いました。

多分、「まだ頭はボケてない。」のアピールの為に、自分が夫に嘘をついた事、

昨日はそんな事もすっかり忘れてしまったのでしょうね。


まぁ、昨日は夫が電話を掛けるまで、一度も電話は掛かって来なかったので、

不穏な一日ではなかった、という事ですね。


ところが、先ほど、12時42分、固定電話に○ヨさんからの電話です。

出ようとしたら切れてしまったので、こちらから掛けなおしました。


○ヨ:はい。

私 :今、ウチに電話して来たでしょう?

○ヨ:うん。

私 :出ようとしたら切れちゃったから。何か用?

○ヨ:おとうさんは?

私 :今日は仕事だけど。何かあったの?

○ヨ:何かあったの?って・・・。何にもないじゃないの。(また、お金の事?)

私 :何にもないって?

○ヨ:お金、何にもないじゃないの。

私 :ん?お金、カレンダーのところに置いて来たって言ったよね?

   お義母さん、あった、あったって言ってたよね?

○ヨ:ちょっと待って。今、カレンダーのとこ、見て来るから。

   やっぱり、お金、入ってないよ。

私 :木曜日と月曜日のところに入ってないの?

   お義母さん、もう、それ、使っちゃったの?

○ヨ:なんか、調子が悪いから、ちょっと寝る。

   また、夕方にでも電話するよ。じゃあね。


あらあら、○ヨさんは、もうあの2000円を使ってしまったのでしょうか?

それとも、またどこかに移動して、わからなくなっちゃった?

最近、自分にとって都合が悪くなると、「調子が悪いから」って言って

電話を切るようになった○ヨさんです。


私の携帯ではなく、固定電話に掛けて来た、という事は、夫と話したかったんですね。

木曜日のホワイトボードの揉め事から、多分、私に対して嫌な感情を抱いていて、

私とは話したくないのかも知れませんね。(^-^;


でもねぇ、実際に○ヨさんの面倒を看ているのは私ですから、

○ヨさんが私と話さないって訳にはいかないですけどね。


夫には、さっきの電話の内容を報告しました。

「じゃ、後で電話しとくよ。」と言っていましたが・・・。


まぁ、お金が見つからなくても、あるいは、使っちゃったのだとしても、

最低限、食べる物がない訳じゃありませんから、別に問題はないでしょう。

慌ててこちらから○ヨさんの所に行く必要もありませんね。



最後まで読んで下さってありがとうございます。





よかったら、こちらのブログも覗いてみてね♪
    ↓
本音で語るブログ