気持ちはいつもケセラセラ♪

5年に渡った姑の介護の記録とつれづれ日記

突然左目だけが見えなくなる

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

 

朝食後に二度寝をした夫は午前10時半過ぎに起きてきて、頭の中の湿疹の薬を処方してもらうために皮膚科に出かけて行きました。

まだ帰ってこないので、多分、薬を処方してもらってから帰宅せずに直接遊びに行ったのでしょう。

夫がいない方が楽なので、私にとっては有難いんですけどね。

 

最近、私は時々左目だけ急に見えなくなるという症状が起きています。

右目を閉じて左目だけ開けてみると、黒いカーテンが下りてきたような、写真のネガフィルムのような見え方になるのです。

早ければ4~5分で普通に見えるようになるのですが、昨日はお風呂上りに起こり、普通に見えるようになるまで20分ほどかかってしまいました。

 

以前もこんな状態になったので、健康診断で指摘されている緑内障のせい?と思い、眼科に行ったのですが、その時に見えない状態にはなっていなかったので「特に治療する必要なし」と診断されました。

 

でも、何度か同じ状態になるので気になって「突然片目だけ見えなくなる」とネットで検索をしてみました。

「突然片目だけ見えなくなる」「数分から数十分で回復する」「写真のネガフィルムのような見え方がする」等など、私の症状と一致するのは「一過性網膜虚血発作(黒内障)」というもののようです。

 

何度もこの発作を起こしている人は脳梗塞発症のリスクが高いそうなので、脳外科の受診が必要とのこと。

私は既に5回ほどこの発作?を起こしています。

まだ超高齢の母の面倒をみなくちゃいけないし、本当に手のかかる夫もいるし、私が突然脳梗塞で倒れるのは本当に困るので、近いうちに設備の充実した脳外科を受診しようと思います。

 

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。よろしければ、ポチッとお願い致します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村