気持ちはいつもケセラセラ♪

5年に渡った姑の介護の記録とつれづれ日記

歳をとると、なかなか新しい先生を受け入れられない

ご訪問ありがとうございます。


午前11時、母の通う近くの内科医院に行きました。

土曜日は午前中だけの診察のためか、待合室にはたくさんの人が座っていました。

受付で「今日は母の薬の処方のみお願いします。」と言い、処方箋が出るのを待ちました。


待合室に貼ってあるお知らせを確認しました。

火曜日の午後と土曜日の診療は、外から来る先生が受け持つという事が書かれていました。

一人の先生は院長先生の娘婿の先生、もう一人の先生はよくわかりません。

今日は母を連れて来なくて正解だったかも知れません。

ずっと院長先生に診ていただいている母は、多分、他の先生ではなく院長先生に診て貰いたい筈。

○ヨさんもそうですが、歳をとると、なかなか新しい先生を受け入れられないものなのでしょうね。


40日分の薬を処方していただいたので、7月の初旬には母を連れて行かなくちゃ、ですね。




ヤフーブログ終了までは、このブログはこのまま残して、簡単な更新を続けます。

が、メインブログは 義母の介護と私の本音 となりました。

引き続き、「義母の介護と私の本音」を読んでいただければ嬉しいです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!



よかったら、こちらのブログも覗いてみてね♪
    ↓
義母の介護と私の本音 新記事「訪問医療への完全移行」 



介護に関する専門サイト みんなの介護