気持ちはいつもケセラセラ♪

5年に渡った姑の介護の記録とつれづれ日記

挨拶が出来ないのはやっぱりダメです。

こんばんは。

ご訪問ありがとうございます。


昨日、娘と赤ちゃんをアパートに送り、ハッピーと一緒に実家に来ました。

到着すると、末っ子の弟も愛犬ナナちゃんを連れて来ていました。

長男である弟はいつも食料品の差し入れをすると30分くらいで帰ってしまいます。

でも、末っ子の弟は来ると必ず1泊し、翌日の午前中に帰ります。


朝食を食べてから、弟が帰ったと思ったら、長男の娘から母に電話が入りました。

「今、東松山だから、これからそっちに行くから。」ということでした。

母が私が居ることを伝えると、一旦電話を切った後、弟から電話がありました。

「お姉ちゃんだけ?」と母に訊いたようです。


1時間くらいすると、弟だけがスーパーの袋を抱えて家に入って来ました。

「なんか、○紀はお姉ちゃんと会うのが恥ずかしいらしいよ。車で寝てるよ。」

○紀ちゃんは大分太ったようで、あまり会わない私と会うのがイヤだったようです。

結局、弟が帰るといって車に行くまで、姪っ子の○紀ちゃんは来ませんでした。

弟を車まで見送りに出たので、車の窓をトントンと叩いて、声を掛けました。

でも、○紀ちゃんはぐっすりと眠っている風で起きませんでしたが、多分、狸寝入り。

あまりしつこくしても良くないと思い、無理に起こさずに弟たちを見送りました。

○紀ちゃんは精神的な病も完治している訳ではなさそうですから、仕方ないですね。


10分くらいすると、○紀ちゃんから「寝ててごめんなさい。」と電話が入りました。

「私が居ても、何も気にしないで入ってこなくちゃダメよ。」と一応言っておきました。

確かに、○紀ちゃんは大分太っていたようですが、精神関係の薬の副作用かも知れませんね。

統合失調症の友人も、薬の副作用で大分太ってしまいましたから。

若いので、自分の体型を気にするのはしょうがないですね。

でも、やっぱり、家の前まで来ていて、挨拶がきちんと出来ないのはダメです。

これは、小さい頃からの親の躾の問題だなぁ、とちょっと思いますね。(^-^;






最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!



よかったら、こちらのブログも覗いてみてね♪
    ↓
本音で語るブログ