気持ちはいつもケセラセラ♪

5年に渡った姑の介護の記録とつれづれ日記

晴れのち雪のち晴れ

こんばんは。

ご訪問ありがとうございます。


朝6時少し前、自宅を出発しました。

池袋の○ヨさんのところへは7時半頃に到着。

途中で電話を入れたのですが、○ヨさんはその電話で起きたようです。


池袋から関越道に向かい、関越道に入ってから母のところに電話を入れました。

母はいつもは朝8時半ごろまで寝ているのですが、電話を入れた8時過ぎにはすでに起きていたようです。

電話で「こっちは雪が降り始めたよ。」と母が言いました。

途中まではとても良く晴れていたのに、東松山で関越道を降りた時には本格的に雪が降っていました。


小川町の母を拾い、嵐山小川から関越道に入ったのが9時少し前でした。

関越道から鶴ヶ島圏央道に入り、西湘バイパス、熱海ビーチライン、国道135号を通り、ホテルに向かい、車を走らせました。

圏央道を走っているうちに、雪は止み、小川町の雪が嘘のように晴れてきました。

その後、雪はまったく降りませんでした。


あまりに早く到着しそうだったので、途中の伊東マリンタウンで昼食、それでもホテルの駐車場には午後1時半に到着してしまいました。

駐車場で午後2時まで時間を潰し、フロントに行くと、すぐに部屋に入れることになりました。

ふぅ~、何時間も車の中に居なくてもよくなり、助かりました。


このホテル、なんだか迷路のようなホテルです。

ホテル内に地下トンネル通路があるんですよ。

部屋は2間続きの和室に4帖ほどの板の間、そして、ガラスの窓を開けると、ちょっと広めの露天風呂。

この露天風呂、なんと、温泉なんです。

今まで泊まったホテルの露天風呂付の部屋は、露天風呂ですが温泉ではなかったのです。

これで、いつもは大浴場には行かないので温泉に入らない母も、ちゃんと温泉に入ることができますね。



とりあえず、今日はこの辺で。続きはまた明日。






最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!



よかったら、こちらのブログも覗いてみてね♪
    ↓
本音で語るブログ