気持ちはいつもケセラセラ♪

5年に渡った姑の介護の記録とつれづれ日記

義母の服装、母の服装

おはようございます。

ご訪問ありがとうございます。


6月17日、午前7時、夫と二人で自宅を出発しました。

前日、ガソリンの補給をしておかなかったので、スタンドに寄り満タンに。

いつもは下道だけで向かう○ヨさん宅ですが、今回は高速を使って向かいます。

柏から三郷までは常磐道、三郷から首都高で王子で高速を降りました。


王子で一般道に降りてから、○ヨさんに電話を入れました。

「あと10分くらいで着くけど、ちゃんと支度してある?」と言うと、

「何にもしてない。」と○ヨさんは返事をしました。

「じゃあ、下着だけでいいから、ちゃんと準備しておいてね。」と言って切りました。


近くのパーキングには9時に到着、○ヨさん宅に向かいます。

○ヨさん宅に向かう途中、ご近所さんと立ち話をいていたBさんに朝のご挨拶をしました。

家に着き、出迎えてくれた○ヨさんの服装は、

先週と同じ、紫のタートルネックのシャツに冬用のウールの黒ズボンを履いています。

勿論、タートルネックのシャツの下には、長袖のババシャツも着こんでいます。

「この上にこれを羽織ればいいよね?」と、

先週と同じウールの千鳥格子のジャケットを持っていました。


「お義母さん、いくらなんでも、その恰好じゃ暑いんじゃない?」と言うと、

「いや、暑くない。風邪でもひいたら困るから。」と着替える様子はありません。

「じゃ、暑かったら着替えられるように、薄手の物を何か持って行きましょうよ。」

私がそう言うと、○ヨさんは、薄手の長袖ポロシャツと薄手のベストを出して来ました。

(それでも暑いんじゃない?)とは思いましたが、まぁ、いいでしょう。

荷物を詰めたボストンバッグを持って、○ヨさん宅を出発です。


パーキングに向かう途中、Bさんはまだご近所さんと立ち話をしていました。

○ヨさんは、Bさんに「長男と嫁が、温泉に連れて行ってくれるんですよ。」と自慢話。

後ろからは仕事に向かう?Aさんが、挨拶だけして抜いて行こうとしていました。

○ヨさんは、Aさんにも「長男と嫁が・・・」と言いました。

わざわざ、そんな事言わなくてもいいのにな、と思いましたが、言いたいのでしょうね。


○ヨさんを車に乗せて、今度は母を迎えに小川町に向かいます。

明治通りから川越街道、環八を走り、関越道に入り、嵐山小川に向かって走りました。

丁度関越道の嵐山小川インターで降りる時に、母から電話が入りました。

「今、どの辺り?あとどのくらいで来るの?」と母。

「ちょうど嵐山小川で高速を降りたところよ。あと5分くらいで着くわ。」

実家に到着したのは、午前10時半でした。


待っていた母の服装は、半袖の花柄ブラウスに黒のサラサラ素材のスカート。

そして、サラサラ素材の上着を羽織りました。

まるで冬の服装の○ヨさん、季節に相応しい服装の母。

やっぱり、認知症の人とそうじゃない人の違いを感じてしまいましたね。(^-^;


戸締まりをして、母を車に乗せて、さぁて、川治温泉に向かって出発です。



最後まで読んで下さってありがとうございます。





よかったら、こちらのブログも覗いてみてね♪
    ↓
本音で語るブログ